テンプレート:秀逸な記事

提供: ファンタシースター 大辞典
移動先: 案内検索
  • ヒースクリフ・フロウウェン - フルネームは「ヒースクリフ・フロウウェン」。通称「白髪公」。パイオニア1に搭乗していた陸軍副司令官で、退役が近い。「三英雄」の一人で、『PSO』EPISODE 2の重要人物。移民第2陣「パイオニア2」が惑星ラグオルの衛星軌道上に到着する前にはフロウウェンの訃報が報道されており、公的には死亡したことになっている。だが、その後にパイオニア2のラボはフロウウェンのメッセージをリアルタイムで受信しており、その発信源が「ガル・ダ・バル島」と呼ばれる場所であることを突き止めた。
  • リコ・タイレル - 明朗快活で前向き、なお且つ論理的に状況を分析して行動できる判断力を持つ。幼い頃から、父親である「コリン・タイレル」に剣術を教え込まれている。また、軍の三英雄「ヒースクリフ・フロウウェン」を師と慕い、彼がパイオニア1に搭乗することになったとの報せを聞き、先遣隊に志願した。父からもらった赤い腕輪と、フロウウェンから授かった赤い武器、そして赤い服を好み、赤い眼鏡をかけている。栗色の髪と、前髪の一房に緑色のメッシュを入れている。
  • ラグオル - 先遣隊である「パイオニア1」の人々が7年の歳月をかけてラグオル上にセントラルドームという、移住のための大型居住スペースを築いたが、移民第二陣「パイオニア2」がラグオルの衛星軌道上に到着し、通信回線を開いてラグオルへ降り立とうとした時に悲劇は起こった。セントラルドーム付近の地表が突如として謎の大爆発を起こし、先遣隊との連絡が取れなくなってしまった。事態を重く見たパイオニア2総督府は、ハンターズにラグオルの調査と先遣隊の捜索を命じた。ラグオルへと降下した新米ハンターズが観たものは、異形のモンスターと化した原生生物の姿だった。一体、この惑星で何が起きたのか?それらの謎を解いていくことが、プレイヤーに課せられた使命となる。